季節物 (3) - ミナムラのまど

節分-正しい豆まきのお作法

節分-正しい豆まきのお作法

2月3日は節分です。

【ハローキティ 】 特価マンスリーフィギュア 節分 2月(如月)


節分とは立春の前日のこと。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じやすいので、
邪気を払って新しい春を迎える大切な日です。

地方によって風習に違いはありますが、正しいお作法を書いておきたいと思います。


この記事は、新ブログ(ミナムラのまど2)新しいウィンドウで開く に移転しました。

内容は、
・玄関先に飾る柊鰯(焼嗅:やいかがし)
・玄関に飾る節分飾り
・節分飾りを立春飾りにチェンジ
・豆まきのお作法
・恵方巻きのお作法
・ちょっとエッチな恵方巻きの起源


などについて書いています。



初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。
  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると、非常にありがたいです。




ヒヨドリが巣を作りました(ひなもいるよ)

ムクドリが巣を作りました(ひなもいるよ)
ヒヨドリ


軒先のカエデの枝に小鳥の巣を発見!

ムクドリの巣.jpg
   クリックで拡大します

アップにしてみると・・・

誰かが顔を出しています。ピーピー

ムクドリのひな.jpg
   クリックで拡大します

親鳥がいないスキを狙って、ちょっとのぞいてみました。

ムクドリの巣の中.jpg
   クリックで拡大します


わかります?ひなが4羽います。

親鳥はこれ

ムクドリ.jpg

たぶん、ムクドリだと思います。
追記)東久留米見てある記黒目河太郎さんからコメントをいただきました。
ブログの写真と見比べるとこの鳥は明らかにヒヨドリです。
黒目さん、ありがとうございます。


こいつら、ときどきここに巣を作るんです。

だけど、子育てがものすごくへたくそ。

ひなが巣から落ちていたこともあったんですよ。




巣の中は、こんなふうにして撮影しました。

一脚に取り付けたデジカメ.jpg

中学生の頃、写真講習会で教わったウラワザです。

「撮影会で人が大勢いるときに、三脚の先にカメラをつけてセルフタイマーで撮影するといいよ。」



今回使ったのは三脚じゃなくて一脚(モノポッド)です。

本来は地面に立てて、手持ち撮影の補助に使うものですが、

カメラにぶら下げておくだけで手ブレを大幅に減らしてくれます。

お祭りの人混みでスローシャッターを切りたいときなんかに、大いに役立つちょっと変わり種グッズですね。

カメラを固定するためじゃないので、安物でも十分に使えます。



山登りをする人の間では有名なこんな方法もあります。

折りたたみ傘のねじ.jpg

折りたたみ傘の先っちょのねじが、カメラの三脚ねじにぴったり合います。

折りたたみ傘で一脚の代わり.jpg

写真の折りたたみ傘は、モンベル トレッキングアンブレラ

アウトドア用品なのですごく軽くて丈夫です。

旅行やウォーキングのとき、デイパックに放り込んでありますよ。



ヒヨドリ
ムクドリは声が大きいので、家のまわりがとてもにぎやかです。

4羽のひなが、みんな巣立てるのでしょうか?

楽しみです。





春分の日用語の基礎知識

今日は春分の日で国民の祝日です。

ライラック.jpg

春分の日とは、自然をたたえ、生物をいつくしむ日。

国民の祝日に関する法律(1948年公布)によってそう定められています。

前年の1947年までは、春季皇霊祭で、歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋にまとめてお祀りした、宗教色の濃い天皇制的な祝日だったのです。

一方、お彼岸は仏教の彼岸会のことで、彼岸という言葉は向こう岸のことですから、あちらの世界という意味ですね。

太陽が真東から昇って真西に沈むことから春分をお彼岸の日にしたと言われています。


春分の日は毎年変わりますけど誰がいつ決めるのでしょう?

 2008年 3月20日
 2009年 3月20日
 2010年 3月21日
 2011年 3月21日
 2012年 3月20日
 2013年 3月20日
 2014年 3月21日
 2015年 3月21日
 2016年 3月20日
 2017年 3月20日


国民の祝日に関する法律では「春分日」と定められています。

国立天文台が計算した春分日を内閣が閣議決定して、前年の2月1日に官報に掲載することによって正式決定となるそうです。

詳しくは国立天文台のページをご覧ください。

2011年の分までは、正式決定していますが、上の表のうち2012年以降はまだ正式な春分の日ではないということになります。

ただし、いままでに天文計算で求められた日以外に春分の日が定められたことはないそうです。

国立天文台のページには2030年までの春分日、秋分日が載せられていますが、

「地球の運行状態は常に変化しているために、将来観測した結果が必ずしもこの計算結果のとおりになるとは限りませんので、あくまで参考としてご覧になってください。」

ということです。

ところで、春分は昼夜の長さが同じ日だと思っていたのですが、それは間違った認識だったようです。

Wikipediaで調べてみましょう。

国立天文台 | 質問3-3)春分の日・秋分の日には、昼と夜の長さは同じになるの?

それでは、自然をたたえ、生物をいつくしんみましょう。

庭のモクレンはつぼみがだいぶふくらんできてもうすぐ咲きそうです。

モクレン1.jpg モクレン2.jpg

脚立を持ってきて、つぼみのアップを撮影しようと思ったら雨が降ってきたので、写真を拡大してみました。

ライラック.jpg

こちらはライラックのつぼみです。

まだちょっとライラックの花は想像しがたい形ですが、これからつぼみが開いて房になったつぼみが出てくるのでしょう。

人気ブログランキングへ 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。