福島の情報 (2) - ミナムラのまど

福島市・信夫山最高の展望 烏ヶ崎展望デッキに行ってみたよ。

最高のビューポイント烏ヶ崎展望デッキとネコ稲荷。


福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)

福島市(福島盆地)の真ん中にポッコリ鎮座するのが信夫山(しのぶやま:標高275m)です。

東から熊野山羽黒山羽山の3つの嶺が連なり、信夫三山と呼ばれます。


それぞれ湯殿神社羽黒神社月山神社が祀られ、出羽三山の分社となっています。

むかしから修験の山として信仰の対象になっていたのであります。

そのいちばん西の羽山山頂の西の肩は、岩場で烏ヶ崎(からすがさき)と呼ばれる展望の名所になっています。


北から見た信夫山
北側から見た福島市の信夫山(しのぶやま)

かつては岩頭が露出しているだけの「ア」だったのですが、
今ではウッドデッキが設置され、登山道駐車場も整備されて、
「烏ヶ崎展望デッキ」として信夫山最高のビューポイントになっています。


なにしろ、山のてっぺんの西の端なので、西側にそびえる吾妻連峰や、福島市西郊の平地福島駅福島市街地の西側なども一望にできます。


羽山山頂のすぐ下にある烏ヶ崎展望デッキ登り口までは車で行くことができるので、先日行ってきました。


烏ヶ崎展望デッキへの行き方。


羽山を車道の終点まで上っていくと案内板が設置してあり、案内板の右側にはちょっとした駐車場があります。

月山駐車場周辺案内図
福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(駐車場周辺案内図)
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(駐車場周辺案内図) コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)

月山駐車場
福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(月山駐車場)

案内図の右側は、信夫山全域の案内図です。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(信夫山全域の案内図)

左側の、四角い枠で囲んである部分が羽山山頂周辺の案内図です。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(羽山山頂周辺案内図)

案内板左側のこんな山道を登っていきます。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(案内図横の登山道を上っていく)

烏ヶ崎までは歩いて5分です。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(烏ヶ崎まで徒歩5分)


烏ヶ崎展望デッキ方面と、羽山駆け道との分岐に突き当たります。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(分岐地点には外灯あり).jpg

分岐地点には、太陽発電と思われる外灯らしきものが設置してあります。

道標も整備されています。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(道標も整備されている)


福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(道標から左に整備された山道を登る)


烏ヶ崎展望デッキ方面に整備された山道を登ると・・・

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(途中で右側に湯殿山神社の祠)


右側に湯殿山神社のホコラがあります。

湯殿山神社あたりから道はやや下りで、こんな道を進みます。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(さらに山道を下ると)


でた〜 \(^O^)/
烏ヶ崎展望デッキに到着です。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキに到着

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)


中央の岩の露頭はむかしからあった露頭だと思います。

そのころは、岩の上に立ったり(ヒエ〜)、岩の付け根あたりから眺望を楽しんでいました。
(岩の向こうは、下から直登できないこともない程度のです。)

今はこんなウッドデッキが設置されています。

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ(ウッドデッキ部分)
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキ コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)


烏ヶ崎展望デッキを下から見上げると、

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキを下から見上げると


南からだと、羽山のてっぺんは平らになっているように見えます。

その山頂の西の端に・・・

福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキを下から見ると(拡大)


岩の露頭が見えるところが、烏ヶ崎展望デッキです。


烏ヶ崎展望デッキの山座同定図
福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキの山座同定図
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキの山座同定図 コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)


この日は梅雨の合間のこととて、吾妻山はモヤッとしてくっきり写っていませんが、
山に雪が積もった冬の朝や、残雪が雪うさぎ(種まきうさぎ)を描く春先の吾妻小富士など、
展望デッキのもっと先のほうに三脚を据えれば、完璧な構図が得られる絶好のビューポイントだと思います。

安達太良山に雪が積もり始めた冬の朝なんて、それはそれは美しいですから。


烏ヶ崎展望デッキより吾妻連峰を望む
福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキより吾妻連峰を望む
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキより吾妻連峰を望む コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)

烏ヶ崎展望デッキより福島市街地を望む
福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキより福島市街地を望む
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 福島市・信夫山(しのぶやま)の烏ヶ崎展望デッキより福島市街地を望む コピーライトマーク 水村亜里 (MINAMURA)


福島市街地の西側もよく見えることから、
絶好の夜景ポイントというご意見も見受けます。


しかし、高さは低くても一応は山道。
分岐点の外灯以外は夜は真っ暗になるでしょう。


しっかり明るい懐中電灯を装備するなどすれば、真っ暗な中を展望デッキまでたどり着くぐらいならできないことはなさそうではありますが。


「例によって君もしくは君のメンバーが山道を踏み外し、あるいは崖から転がり落ちても当局は一切関知しないからそのつもりで」
コピーライトマーク スパイ大作戦:フェルプス君への指令テープより)

ということになりますね。


今後行ってみたい信夫山の名所は、ねこ稲荷。


信夫山公園のところにある案内図には、ねこ稲荷が明記されています。

福島市・信夫山全体の案内図


案内図のど真ん中を拡大してみると・・・

福島市・信夫山全体の案内図(拡大)


「羽黒山」の下のところに「西坂稲荷」というのが書いてあります。

この西坂稲荷こそは、かの名高いネコ稲荷なのであります。

ネコ稲荷じたいはむかしからあったらしいのですが、リニューアルされてから
亡くなったネコや愛猫の幸せを祈願する「猫のしあわせ祈願祭」
愛猫の写真を納めたかたがいらっしゃいます。

写真やネコ稲荷の情報はこちらでご覧ください。
お気楽ネコののんきな日々@屋根裏:・【信夫山】祈願祭から1年たつので、ねこ稲荷を訪ねてみました。 - livedoor Blog(ブログ)


僕のリハビリがもっと進んで、七曲がりも登れるようになったら
お礼参りを兼ねて、七曲がりから旧参道を通ってネコ神社にいつかはお参りしてみたいと思っているのであります。

お礼参りって、僕はネコではありませんけど、いいですよね。それでも。

実は、ネコ稲荷よりもちょっと上、案内図で一宮明神と書いてあるところ=羽黒神社参道の石段の入り口のところまでなら、車で上がることもできるし駐車場もあります

愛猫のしあわせをお祈りしたい方や、亡くなったネコの供養をしたい方は、僕のお礼参りとは関係ないのだから、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう?


クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。