きまクラ (4) - ミナムラのまど

第61回気まクラDON!の回答 2011年10月24日放送NHK-FM気ままにクラシック

2011年10月24日放送NHK-FM気ままにクラシック
第61回気まクラDON!



気ままにクラシック 幸田浩子&笑福亭笑瓶.gif
           画像をクリックすると番組HPにジャンプします。


NHK-FMの番組、「気ままにクラシック」のクラシック版イントロ曲当てクイズコーナー
気まクラDON!」の回答を書いています。

先週、第60回気まクラDON!の正解は、
ビゼー作曲、『アルルの女』第2組曲第4曲の「ファランドール」でした。
しぇ〜か〜い!!


間違った答えで気になったのは、同じビゼーのアルルの女
第1組曲第1曲目の「前奏曲」です。

同じメロディーで、こちらは弦楽合奏。


で、「前奏曲」の動画を貼るかと思いきや、
第2組曲第3曲「メヌエット」の動画です。


Bizet - L'Arlésienne Suite n°2 III. Menuetto - YouTube


ハープ伴奏のフルートソロが美しいです。

演奏は、小澤征爾指揮、フランス国立管弦楽団であります。






さて今週10月24日放送の第61回気まクラDON!の回答は・・・

出題と同じチェンバロ伴奏の動画を探してきました。


Flute Sonata in E flat BWV 1031: Siciliano (2nd mvt.) by J.S. Bach - YouTube


フルート演奏は、ミシェル・デボストです。




曲名は、伝バッハ、フルートソナタ変ホ長調 BWV1031より
第2楽章シチリアーノであります。


伝バッハというのは、「今までバッハ作曲と伝えられていたけど違うらしい」という意味です。

ちゃんとバッハ作品番号BWV1031までついているのに、現在では
大バッハ(ヨハン・セバスチャン・バッハ:J.S.Bach)ではなく、
息子のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(C.P.E.Bach)の作曲とされています。

300年もむかしのことですから、研究の結果新事実がわかったということもあり得ますね。


伝○○といえば、有名な伝ヴィヴァルディ忠実な羊飼い


忠実な羊飼い〜第2ソナタ〜プレリュード/Il Pastor Fido Sonata II Preludio - YouTube


むかしむかし、NHK-FMの「バロック音楽のたのしみ」という番組のオープニング曲でした。

皆川達夫先生の番組だったので、むかしからのバロック好きや合唱好きの人にとってはなつかしい曲だと思います。

この曲は、後世に研究の結果ヴィヴァルディじゃないことがわかったのではなくて、
ヴィヴァルディを騙って出版したことが、本当の作曲者ニコラ・シェドヴィルが生きているうちに、明らかになっていたようです。

音楽史家の皆川先生がご存知ないはずはないですが、番組のオープニングで毎日流していました。

作曲が誰であろうと、いいものはいい。というお考えだったのでしょうか。





気まクラDON!の回答
としては、ユーチューブ動画でお聴きになってご自身でご判断ください。

放送をまだお聞きになっていない方は、金曜日午後2時から3時55分の再放送を聞くことができます。

メールフォームバナー.gif
         気ままにクラシック 番組HP

 番組ホームページから回答を送ることができます。


⇒ 関連タグ:きまクラ
⇒ 関連タグ:きらクラ

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




第60回気まクラDON!の回答 2011年10月17日放送NHK-FM気ままにクラシック

2011年10月17日放送NHK-FM気ままにクラシック
第60回気まクラDON!



気ままにクラシック 幸田浩子&笑福亭笑瓶.gif
           画像をクリックすると番組HPにジャンプします。

NHK-FMの番組、「気ままにクラシック」のクラシック版イントロ曲当てクイズコーナー「気まクラDON!」の回答を書いています。


祝、気まクラDON!60回


今回もかなり簡単な問題だったと思います。

難易度レベルは1.5だそうで、まぁそんなところでしょう。


エスカップ 前向キングのテーマですね。

これのことです。


エスエス製薬 エスカップ CM 前向キング フレッシュチャージ篇 - YouTube


本当の曲名と、もっと素敵な演奏の動画は、
また後ほど追記したいと思います。


以下追記:

先々週、第56回気まクラDON!しぇ〜かいは、
やはり笑瓶ちゃんのテーマ、スーザ作曲「星条旗よ永遠なれ」でした。

さすがにアメリカの公式行進曲だけあっていろんな演奏があります。

前回の記事に掲載したフィリップジョーンズ・ブラス・アンサンブルの演奏ではあまり目立たなかった、中盤のピッコロのパートがすごくかっこいいんですよね。

そのかっこいピッコロをクローズアップした演奏がこれです。


The Stars and Stripes Forever - Marine Corps Air Ground Combat Center Band - YouTube
(途中から再生します。)


むちゃむちゃカッコイイです。

演奏はMarine Corps Air Ground Combat Center Band
海兵隊空陸戦闘センターバンドというのでしょうか?

聴衆はヤンヤヤンヤの大盛り上がりです。


お次は元気のいいお姉ちゃんたちのトロンボーンカルテット。

こっちもカッコイイです。


Stars & Stripes - Trombone - YouTube


トロンボーンってこんなにも多彩な演奏ができる楽器だったんですね。

お姉ちゃんたちの詳細はイギリス人らしいということ以外はわかりません。


こちらのおじいさまの演奏もカッコイイです。


vladimir horowitz plays his "the star and stripes forever!" - YouTube


伝説の名ピアニスト、ウラディミール・ホロヴィッツのピアノソロです。

人間の声も忘れちゃいけないということで、これです。


Acoustix, Stars and Stripes Forever - YouTube


ACOUSTIX(アクースティクス)というアメリカを代表するバーバーショップ・カルテットだそうです。


究極のウクレレ奏者「ハワイのジミヘン」ことジェイク・シマブクロもカッコイイです。


Jake Shimbukuro plays Stars and Stripes for Song of America - YouTube


ワンパターンでもうしわけないが、ウクレレでこんなことができるんだ?
という感じですね。

こちらも、照屋実穂の歌が素晴らしいです。




さて今週、第60回気まクラDON!の回答であります。

前向キングのテーマと書きましたが、これですね。


Bizet-Farandole Mariss Jansons Bavarian Radio Symphony Orchestra - YouTube


ビゼー作曲、『アルルの女』第2組曲第4曲の「ファランドール」であります。

演奏は、
マリス・ヤンソンス指揮、バイエルン放送交響楽団


フルートから始まる軽快な舞曲の部分がプロヴァンス民謡ファランドールですね。

アタマの威風堂々なメロディーは「3人の王の行列」です。

前向キングのテーマなのであります。(笑)


ちなみに、この記事にコメントをいただいたダパンプというのは
これのことでしょう。


DAPUMP/Comon! Be My Giri! 【HD】 - YouTube


これもまたカッコイイです。







⇒ 関連タグ:きまクラ
⇒ 関連タグ:きらクラ

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com


第59回気まクラDON!の回答 2011年10月3日放送NHK-FM気ままにクラシック

2011年10月3日放送NHK-FM気ままにクラシック
第59回気まクラDON!



気ままにクラシック 幸田浩子&笑福亭笑瓶.gif
           画像をクリックすると番組HPにジャンプします。


NHK-FMの番組、「気ままにクラシック」のクラシック版イントロ曲当てクイズコーナー「気まクラDON!」の回答を書いています。


先週、第58回気まクラDON!の正解は。
やはり、ヴィヴァルディ「四季」より「秋」でした。

しぇ〜か〜い!!カッキーン です。

正解率は85%。不正解の回答はすべて「春」だったそうです。


ヴィヴァルディ:合奏協奏曲「四季」〜「春」:イムジチ/アーヨ(Vn) - YouTube

 再生リストにリンクしています。ユーチューブで「春」「夏」「秋」「冬」全曲を聴くことができます。

演奏はイ・ムジチ合奏団
イタリア語で「I Musici」は「The Musicians」という意味だそうです。

「四季」の名盤中の名盤。
というよりも、日本で四季が流行っているのはイ・ムジチのレコードが売れたからと言ってもよく、四季といえばイ・ムジチの四季を指すぐらいです。

他に、マリナー/アカデミー盤
(ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ)があります。

日本における「四季」は、ほぼこのふたつがトップ2でしょう。






さて今週、第59回気まクラDON!の回答は。

笑瓶ちゃんが大好きなあれですよね。

ちゃ〜んちゃ〜かチャンチャン、ドンドン! というやつ(笑)


The Stars and Stripes Forever - Official [HD] - YouTube

ジョン・フィリップ・スーザ作曲の『星条旗よ永遠なれ』であります。

アメリカ人の愛国心の象徴のような曲で、
アメリカ合衆国の「国の公式行進曲」(National March)に制定されています。



ジョン・フィリップ・スーザ
は100曲以上の行進曲を作曲したことから、マーチ王と呼ばれています。

ワシントン海兵隊楽団を退団して「スーザ吹奏楽団」を結成。

そこで「星条旗よ永遠なれ」を作曲し、大ヒットして今日に至るということですね。



スーザはまた、スーザフォンの生みの親としても知られています。

通常、吹奏楽で重低音を受け持つ楽器はチューバです。

Tuba Guy
               チューバ


行進をしながら演奏するマーチングバンドでは、
このデッカイ楽器を抱えて歩きながら演奏するのはかなりシンドイ。

ということで、楽器をたすきがけにして肩で担ぐことができる
スーザフォンが発明されました。

Reflection


スーザフォンがパレードで活躍するのはもちろんですが、
踊りながら演奏する吹奏楽ドリルでは、頭の上でスーザフォンをブン回すスーザ回しという荒ワザがあります。

吹奏楽の名門駒澤大学吹奏楽部のスーザ回しパフォーマンス動画です。


【奉祝】マーチングコンテスト【皇紀2670年】 - YouTube(途中から再生)



江姫 上野樹里ちゃん主演の映画『スウィングガールズ』ではトランペットをブン回していましたが、スーザフォンはブン回しませんでした。

樹里ちゃんたちのバンド「スウィングガールズ」にはスーザフォン、無かったからね。(^_^;


SWING GIRLS - YouTube(途中から再生)




気まクラDON!の回答としては、ユーチューブ動画をお聴きになってご自身でご判断ください。

放送をまだお聴きになっていない方は、金曜日午後2時から3時55分の再放送を聞くことができます。

来週10月10日(月)は、体育の日特別番組「第80回日本音楽コンクール」のためきまクラの放送はお休みなので、回答期限は再来週までの2週間に延びます。

メールフォームバナー.gif
         気ままにクラシック 番組HP

 番組ホームページから回答を送ることができます。


⇒ 関連タグ:きまクラ
⇒ 関連タグ:きらクラ

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。