きらクラDON!11月16日放送の第112回の回答。ネタバレなしよ。 - ミナムラのまど

きらクラDON!11月16日放送の第112回の回答。ネタバレなしよ。

NHK-FMのクラシック番組「きらクラ!」第118回
第112回きらクラDON!の回答!



Colosseo
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 Colosseo via:Wikimedia Commons



前回、第110回きらクラDON!の正解は・・・


正解は、レスピーギ作曲、ローマの祭りより第1曲「チルチェンセス」でした。

僕には思いつけませんでしたが、前回の記事にコメント新しいウィンドウで開くいただいた、ブラトトロさんと、鳴らんペットさん

しぇーか〜ぃ!


レスピーギ作曲/ローマの祭りより第1曲「チルチェンセス」

ローマの祭 / Feste Romane - YouTube新しいウィンドウで開く

三部作はほとんど聴いたことがなかったです。

ちょっと、取っつきが良くなくてね〜。

チルチェンセスというのは、古代ローマ帝国時代に皇帝ネロ円形劇場で行った祭で、捕らえられたキリスト教徒たちが衆人環視の中で猛獣に喰い殺される残酷なショーなのだそうです。

咆吼する金管群が飢えた猛獣を、中間部の聖歌が猛獣に襲われるキリスト教徒の祈りを表しているのだとか。

Wikipediaより。新しいウィンドウで開く


そう思って聴くと、なんとなく取っつきがよくなりますね。


コメントをくださった鳴らんペットさんが正解で、なんと、番組でお便りが読まれました。

先ずは、鳴らんペットさんというラジオネームが真理平師匠にウケました。

つかみはOK!

エピソードは、吹奏楽コンクールの普門館で行われた全国大会に出場されたときの話で、
自分たちの出番の前の団体がローマの祭りを演奏して、舞台ソデで聴いていて出番前に迫力あるサウンドに圧倒されたというエピソードでした。

ふ〜ん、普門館に出場できるような団体に所属されていたんですね。

きっと、トランペットを死ぬほど練習されたのでしょう。

正解を読まれたということは、ご自愛ステッカー獲得ですね。

おめでとうございます。\(^O^)/


今週、第112回きらクラDON!の回答。ネタバレなしよ。


今回の問題は、ピアノの音で低いが聞こえて伸ばしたあと、
高いの音が、たぶんオクターブの和音で聞こえました。

きらクラDON!第112回の問題


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。


この記事へのコメント
>>ミナムラさん
 ありがとうございます。吹奏楽ネタの投稿が多いとふんでいましたので、どうかなと思って
いましたが、超るわっきー、でした。ラジオネームと同じくあくまでも自虐的にいったのが
よかったんですかね?(笑)ステッカーが届いたらまたコメントしますね!
Posted by 鳴らんぺっと at 2014年11月17日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。