きらクラDON!10月12日放送の第107回の回答。ネタバレ注意。 - ミナムラのまど

きらクラDON!10月12日放送の第107回の回答。ネタバレ注意。

NHK-FMのクラシック番組「きらクラ!」第113回
第107回きらクラDON!の回答!



姫豚厚切りかつ丼/仲見世(埼玉県・西武秩父駅)ジャクリーヌの涙/遠藤真理ふかわりょう
            きらクラ!の番組HPはこちらです⇒ きらクラ!|NHK

今回はふかわりょうさんはお休み。
代奏に、指揮者の川瀬賢太郎さんがゲスト出演されました。

川瀬賢太郎さん
川瀬賢太郎

川瀬賢太郎さんは、今年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者をされています。

真理平師匠が、神奈川フィルのことを「かなフィル」といっていらっしゃいました。


真理平師匠は、オケラじゃなくてソリストなのに、ドンバなバーコトが習慣になっていらっしゃるんですね。


前回、第106回きらクラDON!の正解は・・・


正解は、プッチーニ作曲、オペラ「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」でした。

しぇ〜か〜ぃ!

なのですが、この曲は、前にも出題されたことを、スッキ〜♪さんが覚えていらっしゃいました。
(前回の記事にコメントをくださいました。)

ブログを見返してみたら、2009年8月26日放送の第16回きらクラDON!の正解が「誰も寝てはならぬ」でした。
(2012/9/2) きらクラDON!第17回の回答。ネタバレ注意


「この曲かな?」と回答が思い浮かんでも、前にも出題されていれば回答候補から除外しちゃいますよね。

既出なのにまた出題しちゃったのは、こだまっちさんのミスだと思います。
(それを指摘するお便りは読まれませんでしたが。)


えと、それで、
プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」

addio e grazie luciano - The last show Torino 2006 - Vidéo Dailymotion


この演奏は、ルチアノ・パヴァロッティが亡くなる前の最後のステージ
2006年トリノ冬季五輪開会式での熱唱で、パヴァロッティ生涯最高のステージだったと僕は思います。

だけど、この演奏は、本番1週間前にオーケストラとともにあらかじめ演奏を録音してあったという、口パクだったのであります。

美声を誇り、4階客席の隅っこまででも生で声を響かせたいプロのオペラ歌手にとって、
聴衆の前で口パクをすることは、意に染まぬことだったと思います。

特にパヴァロッティご本人がいちばん口パクがイヤだったのではないでしょうか?

それでもね、トリノ冬季五輪開会式でのステージは最高だったのであります。

やっぱりこれが、パヴァロッティの生涯で最高の演奏だったのではないかと僕は思います。


今週、第107回きらクラDON!の回答。ネタバレ注意。


今回の問題は、オーケストラ合奏の音で、ドー と一発だけ聞こえました。
一発の中にティンパニーの音も含まれています。
(一発だけなので、楽譜は省略します。)

この響き、何度もなんども聞いていますし、自分で演奏もしています。

ゲストの川瀬賢太郎さんも、一瞬でわかったような口ぶりでしたね。

ここからがネタバレです。


ご自分で回答を考えたい方は
この先を読まずに、明朝7:25からの再放送をお聞きください。
きらクラ!番組HP


思い浮かんだ曲が正解ならば、ドーのつづきは、
ドードーレーミファソーだと思います。

きらクラDON!第107回の問題(つづき)

楽譜の上段はセカンドヴァイオリン、このオクターブ上をファーストヴァイオリンが弾いています。
楽譜の下段はティンパニーコントラバスで、ドンドンドンドンドンドンと連打していますから、ふたつめのドンが聞こえる前に問題を切ってしまわないとすぐにわかってしまったわけです。

はい、たぶん↓この曲だと思います。




曲名は、⇒ 「ブラームス作曲、交響曲第1番より第1楽章」です。


(2012/11/09) メロディーから曲名を検索できるサイト Musipedia

きらクラ!の関連記事⇒ きらクラ! カテゴリの記事一覧
前回の記事(同窓で開きます)
(2014/10/6) きらクラDON!10月5日放送の第106回の回答。ネタバレ注意。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。