カルガモって渡り鳥じゃなかったの!? - ミナムラのまど

カルガモって渡り鳥じゃなかったの!?

カルガモは日本で繁殖する留鳥だったようです。


カルガモ
2014年05月11日の記事より

カルガモって、これから冬になるとたくさん見かけるので、
てっきり渡り鳥だと思っていました

渡り鳥ではなくて留鳥(りゅうちょう)である、という意見が多いようですね。

Wikipediaにも、「日本では主に本州以南に周年生息(留鳥)する。」と書かれています。

しかし、同じ項目に「渡りは行わないが、北部個体群は冬季になると南下する。」とも書かれていて、冬は北の方にいて夏は南に来るということもあるようです。


カルガモの親子が、皇居前の三井ビルの人工池から皇居のお堀お引越しするときに、内堀通りを渡るという、「渡り」はニュースにもなりました。

カルガモ親子のお引っ越し
via:カルガモ親子のお引っ越し - NAVER まとめ

いちばん上の写真は、今年の5月11日に撮影したもので、田んぼの近くの道路につがいでいました。


さらに、これは今年の8月28日の写真です。

カルガモ14/8/28

たぶん、家族なのでしょうね。

灌漑用水が一級河川に注ぐ(戻る)あたりの、あまり目立たない水路にいつもいます。


春でも真夏でも、小さい群であちこちにいるようなのであまり目立ちませんが、

冬の白鳥が飛来するころになると、食べ物のおこぼれが目的なのかどうか、
白鳥の飛来地やその近くに集まってくるようです。

カルガモの集団
2010年03月04日の記事より



白鳥飛来地のちょっと下流にたくさん集まっています。

カルガモは白鳥とちょっと離れた場所にいて、白鳥といっしょに泳いでいるのは、オナガガモが多いようです。

白鳥とオナガガモ
2010年02月05日の記事より


オナガガモ
2010年02月05日の記事より



カルガモの特徴(見分け方)は?


カルガモは、黒いクチバシの先端の黄色オレンジ色の長靴(脚)、たたんだ翼のフチの白がとても目立ちます。

カルガモ14/10/9

オスはたたんだ翼に輝く青色の羽根を隠しているおしゃれさんなのです。

カルガモ
2014年05月11日の記事より


ガラス細工【カルガモSチャイロ】No.2511



クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +水村亜里(ミナムラ アサト) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。