きらクラDON!4月6日第85回の回答。ネタバレ注意。 - ミナムラのまど

きらクラDON!4月6日第85回の回答。ネタバレ注意。

NHK-FMのクラシック番組「きらクラ!」
第85回きらクラDON!の回答。



のどぐろ炙り丼/せかい鮨(新潟)ジャクリーヌの涙/遠藤真理ふかわりょう
            きらクラ!の番組HPはこちらです⇒ きらクラ!|NHK

きらクラ!の放送もついに3年目に突入したそうです。

思えばきらクラ!が始まったのが2012年の4月8日(日)でした。
⇒ (2012/4/04) きまクラのあと番組「きらクラ!」が始まった

3周年目突入というのもちょっと微妙な線ですね。

てぇことは、このブログできらクラDON!の記事も2年間続けたっちゅうことになります。

問題が出なかった週もあったかと思いますが、ぜんぶ毎週記事にして来られたと思います。

回数は、毎回出題のときに「第○○回になります。」というのを聞いて修正しながらブログに記録していますので、間違いなく今週のきらクラDON!は第85回です。

きらクラ!の前にやっていた番組幸田浩子さん笑福亭笑瓶ちゃん「気ままにクラシック」は約4年間つづいて終了しました。
⇒ (2012/8/19) 第80回気まクラDON!最終回の回答 2012年3月19日放送NHK-FM気ままにクラシック


気まクラDON!は番組の途中から始まったので、第80回まで続きました。

きらクラDON!は回数はきまクラ超えしました。
さらには放送期間でもきまクラを超えられるような長寿番組になることを願っています。


先週、第84回きらクラDON!の正解は・・・


ロッシーニ作曲、オペラ「セビリアの理髪師」より私は町の何でも屋でした。

しぇ〜か〜ぃ!


ロッシーニ/オペラ「セビリアの理髪師」より私は町の何でも屋

Hermann Prey "Largo al factotum" - YouTube

サンプル動画の演奏は、きらクラDON!の出題と回答に使われた演奏と同じ顔ぶれで、
フィガロヘルマン・プライクラウディオ・アバド指揮、ロンドン交響楽団です。

この演奏も同じ顔ぶれですが、同じ演奏かどうかはわかりません。





カスタマーレビューによると、1971年の収録だそうです。


今週、第85回きらクラDON!の回答。ネタバレ注意。


今回の問題は、低弦のピッチィカートでソミが聞こえ、ヴァイオリンの音色でと聞こえました。たぶんオーボエかホルンのような音でいっしょにを吹いています。

きらクラDON!第85回の問題

たぶんヴァイオリンが旋律でたったの1音ですが、このもったいつけた始まり方はあの曲しかないでしょう。

ここからがネタバレです。


ご自分で回答を考えたい方は
この先を読まずに、明朝7:25からの再放送をお聞きください。
きらクラ!番組HP

旋律ののつづきは、シドシラミドーシラ ーソファファ だと思います

きらクラDON!第85回の問題(つづき)

はい、この曲ではないでしょうか。




曲名は、⇒ 「ドヴォルザーク作曲、スラヴ舞曲作品72の2」です。


(2012/11/09) メロディーから曲名を検索できるサイト Musipedia

きらクラ!の関連記事⇒ きらクラ! カテゴリの記事一覧
前回の記事(同窓で開きます)
(2014/3/30) きらクラDON!3月23日第84回の回答。ニアピンかも。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。