きらクラDON!3月23日第83回の回答。ネタバレ注意。 - ミナムラのまど

きらクラDON!3月23日第83回の回答。ネタバレ注意。

NHK-FMのクラシック番組「きらクラ!」
第83回きらクラDON!の回答。



ポセイ丼/小樽ポセイ丼ジャクリーヌの涙/遠藤真理ふかわりょう
            きらクラ!の番組HPはこちらです⇒ きらクラ!|NHK


先週、第82回きらクラDON!の正解は・・・


ヴェルディ作曲、オペラ「運命の力」序曲でした。


しぇ〜か〜ぃ!


ヴェルディ/オペラ「運命の力」序曲

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲:アバド/ベルリンPO - YouTube

サンプル動画の演奏は、番組で流されたサンプル曲と同じく
クラウディオ・アバド指揮、ベルリン・フィルです。




やっぱり、グノーのファウストよりバレエ音楽のニアピンが出ましたね。
シェエラザードもニアピンだったとは気がつきませんでした。

ニアピン検証によると、運リキファウストは確かに調が違っていました。

ファウストの聴音に自信がなかったので、正解できて嬉しいです。


「運リキ」という略称の件にもお便りで触れている方がいらっしゃいました。

僕が所属していたところでは、どちらかというと運チカ派が多かったと思います。

どっちが主流なの?と思って調べてみたら、Wikipediaにこんなことが書いてありました。

「本来は「通ぶる」ための符牒であったが、現在は広く流通しているものも多い。ただ、これらの俗称を好まない者も少なくない他、中には、品のない同音異義語を故意に想起させるもの、使用するとかえって専門家から軽蔑されてしまうようなもの、地域または集団で意味の差があるものも含まれる。」

品のない同音異義語ねぇ。
運命の力を女の子が「ウンチ!」といっていたのには驚きました。

集団によって差があって当たり前なんですね。

Wikipediaの同じ項目には、いろいろな曲名の省略が書いてありました。

青管(あおかん) - 青少年のための管弦楽入門(ベンジャミン・ブリテン)
青ダニ - 美しく青きドナウ (<青きダニーブ)(ヨハン・シュトラウス2世)
だって。プププ。
青ドナだっていいのにねぇ。

べとしち」はのだめカンタービレですっかり有名になりましたね。

ニュルンベルクのマイスタージンガー(ワーグナー)がマジンガーだって。w

完全に遊んでますね。


おもしろいからもう少し調べてみました。

作曲家名を漢字で書くことがあります。(ほとんどダジャレ。)

ヘンデル雌鶏脱出だそうです。
(雌鳥は英語で「hen」だから。)

シューベルト短靴帯シューマン臭男メンデルスゾーン男達外出留守損なんて、ダシャレをひねり過ぎかも。

グノー愚脳ロッシーニ路死ドビュッシー溝死なんてちょっとひどいですね。

ボロディン襤褸殿リムスキー=コルサコフ理無好子猿請というのは、けっこうムリヤリ当て字しているようです。

作曲家名の漢字名
は、「神奈川県の住人」さんのホームページからお借りしました。


むかし、「音楽の友」かなにかの雑誌に載っていた漢字名で
スッペ素屁というのだけは憶えています。


さて、運命の力には逆らえず、きらクラ!が終了するのではないかというウワサに対して
ふかわさんから正式にコメントがありました。

番組スタッフに確認したところ、4月以降も継続する予定だということです。

ひとまずよかったです。

「正式にご自愛祭りをやりましょう。」「一年のうちにどっかしらではイケるでしょう。」ともおっしゃっていましたので、あと一年ぐらいは終わらないということかも知れませんね。


今週、第83回きらクラDON!の回答。ネタバレ注意。


今回の問題は、弦楽合奏の音色でミファファと聞こえました。
ファーストヴァイオリンよりも低い音のパートで3度下の和音も鳴っていたようです。

きらクラDON!第83回の問題

第2楽章が映画の音楽に使われてものすごく有名になったあの曲の第3楽章ですよね。


超有名曲の近くの曲というのもきらクラDON!でよく使われるパターンですね。

たとえば、バッハのシャコンヌ(パルティータ第2番)のひとつ前のパルティータ第3番よりガヴォットが正解とか。
きらクラDON!2月23日第79回の回答。ネタバレ注意。

ここからがネタバレです。


ご自分で回答を考えたい方は
この先を読まずに、明朝7:25からの再放送をお聞きください。
きらクラ!番組HP

ミファファ♯のつづきは、ミファファ♯ソラソファミだと思います。

きらクラDON!第83回の問題(つづき)




曲名は、⇒ 「モーツァルト作曲、ピアノ協奏曲第21番より第3楽章」です。


ちなみに、超有名な第2楽章これです。




(2012/11/09) メロディーから曲名を検索できるサイト Musipedia

きらクラ!の関連記事⇒ きらクラ! カテゴリの記事一覧
前回の記事(同窓で開きます)
(2014/3/16) きらクラDON!3月16日第82回の回答。ネタバレになるといいな。|ミナムラのまど


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント
こんばんは。ネタバレお見事です。ちなみに私はペライア氏の全集持ってます。録音は少々古いですが、癖のないスッキリした好演です。ところで、ふかわさんが「これクラシック?」みたいなこと呟いていましたが、それって「ジ・エンターティナー」のことですかね?
Posted by 鳴らんペット at 2014年03月24日
≫鳴らんペットさん★
こんにちは。
ジ・エンターティナーね。
それもあり得ますね。
正解発表が楽しみです。
ジ・エンターティナーは時代的には
マーラーやドビュッシーぐらいですが
クラシックではないですよね。
クラシックの定義なんてことに話が広がるとおもしろそうですね。
Posted by 水村亜里 at 2014年03月25日
こんばんは♪

今回の出題、ある意味「サービス問題」だったと思いました。
他の番組で、偶然、流れていました。
いつもは、問題として出題され、答え合わせが終わった後くらいに、「復習を兼ねて、改めて聴いてみて下さい。」と言う様な感じで、その出題曲がある番組でピックアップされると言うのが通例なんですけどね。

「Radika」で録音しておいたその番組の、問題の曲と、「DON!」の出題を聴き比べてみても「ビンゴ!」でした。

恐らく、「オンエアリスト」としてもアップされているはずなので、「どの番組か」は、あえてふせておきます。
その番組を聴いていた人ならピンと来るはずです。w
Posted by スッキ〜♪ at 2014年03月25日
≫スッキ〜♪さん★
おはようございます ヾ(^▽^)ノ
ええっ!?「いつもは」ですか?
それはスゴイ発見ですね。
答え合わせにいいと思います。
あとで探してみたいです。
Posted by 水村亜里 at 2014年03月27日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。