レコードプレーヤーがやって来た。(組み立て編) - ミナムラのまど

レコードプレーヤーがやって来た。(組み立て編)

ドライブベルトの交換方法が素晴らしいアイディアです。


レコードプレーヤーAT-PL300(カートリッジとトーンアーム)

前回の記事 レコードプレーヤーがやって来た。(開梱篇)の続きで、

オーディオテクニカのレコードプレーヤーAT-PL300を組み立てます。

組み立てるといっても、ターンテーブルをスピンドルに差し込んで、ターンテーブルに掛けてあるドライブベルトをモータープーリーにも掛けるだけのことです。

このベルトを掛ける方法がとても素晴らしく、琴線に触れるアイディアだったので
そこのところはちょっと詳しく写真入りでレポートしてしまいます。

ベルトを掛けるこの方法がわかれば、ベルト交換なんて楽々ですから。

べつに秘密の方法ではありませんよね。オーディオテクニカさん ♪


プレーヤーのベルトのかけ方


下の写真はターンテーブルの裏側です。

ターンテーブルの裏側
レコードプレーヤーAT-PL300(ターンテーブル裏側)

外径の3分の2ぐらいの円い輪っかがターンテーブルにベルトを掛けるプーリーです。

写真ではプーリーにあらかじめベルトが掛けられています。


ターンテーブルを本体に取り付けるには、本体中央のスピンドルにターンテーブル中央の穴を差し込むだけです。

本体中央のスピンドル
レコードプレーヤーAT-PL300(本体中央のスピンドル)

表現が少し逆でした。ターンテーブル中央のボッチにあいている穴にスピンドルが通るように、ターンテーブルを両手で持って垂直にはめ込むわけです。

ターンテーブルに掛けられたベルトのところに赤いリボンが少し見えています。

レコードプレーヤーAT-PL300(ドライブベルト掛け用リボンアップ)

この赤いリボンが実に賢い工夫なのであります。

ターンテーブルをオモテから見ると、赤いリボンの両端が表に出ていてターンテーブルにテープで仮止めされています。

レコードプレーヤーAT-PL300(ドライブベルト掛け用リボン表から)

赤いリボンの両端を持ってターンテーブルの裏側にあるベルトを表側から引っ張ることができるのであります。



リボンを左手で引っ張りながら右手の指先か何かでベルトをモータープーリーにかかるように押し込めば、ゴム製のベルトに傷をつけることもなく簡単にベルトが掛けられるという仕組みなのです。

モータープーリーは本体左奥のここにあります。

レコードプレーヤーAT-PL300(モータープーリー)

実に簡単。

ベルトを交換するときも、(AT-PL300だけじゃなくてほかのベルトドライブ式プレーヤーでも)この方法を使えばいいわけですね。

もちろん、製品についていた赤いリボンは取扱説明書といっしょに大切に保管しました。


ところで、モータープーリーの写真でホコリがかなり目立っていたことにお気づきだと思います。


AT-PL300で、白と黒との2種類のカラーがあるうちで、僕が黒を選んだ主な理由はここにあります。

黒はホコリが目立ちやすいから。


レコードにとってホコリは大敵です。

プレーヤーにホコリがたかっていると、レコードが静電気でそのホコリを吸いつけてパチパチ雑音の原因になります。

だから、ホコリには目立ってもらって、気がついたらOA用のホコリブラシかなにかで小マメにさっさと払い取ってしまえばいいのです。


あとは、ゴム製のターンテーブルシートをターンテーブルの上に乗せれば組み立て完了です。

レコードプレーヤーAT-PL300(ターンテーブルシートを乗せて組み立て完了)

あら!間違った!

あとで取扱説明書を読んで、ターンテーブルシートの裏オモテが逆だったことに気がつきました。

上の写真はターンテーブルシートが裏返しです。

こちらのスムーズな方がオモテでした。

レコードプレーヤーAT-PL300(ターンテーブルシートの裏オモテ)

こんな細かいことでもウルサイ人にいわせると音に違いが出る可能性があるらしいのですが、そんな違いなんて僕にはわからないからねぇ。

音楽が楽しく聴けるなら、そんな細かいことはどうでもいいのだ。

まあ、気分の問題なので一応表向きに直してはおきましたけど。




関連記事:(別窓で開きます)
(2014/2/4) アナログのレコードプレーヤーがすっごく欲しいです。
(2014/2/6) レコードプレーヤーがやって来た。(開梱篇)
(2014/2/8) レコードプレーヤーがやって来た。(設置編)
(2014/2/11) レコードプレーヤーがやって来た。(操作方法編)
(2014/2/20) レコードの針雑音が画期的に減るLPレイザーを使ってみた。

クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。