ボジョレー・ヌーボーならぬオリーブオイル・ヌーボーの秘伝のレシピ2題。 - ミナムラのまど

ボジョレー・ヌーボーならぬオリーブオイル・ヌーボーの秘伝のレシピ2題。

はなまるマーケットで見たレシピがやたらと美味しそうでした。


olio novello 2006 - 無料写真検索fotoq
fotoq.net
photo by Monica Arellano-Ongpin

ボジョレー・ヌーボーボジョレー・ワインの新酒ですが、
オリーブオイル・ヌーボーはその年に早摘みしたオリーブの実を搾ったバージンオイルのことです。

ヌーボー(ヌーヴォー)はフランス語でNouveau(新しい)という単語です。
イタリア語ではNovello(ノベロ・ノヴェッロ)になるので、
オリオ・ノベロとか単にノヴェッロとか呼ばれたりもします。

普通のバージンオイルは熟した実を搾ったものですが、
ヌーボーは秋に収穫した若い実を搾ったものでオイルの色は緑色をしているそうです。

green olives - Free Photos fotoq
fotoq.net
photo by DorteF

は、フレッシュでフルーティーだけど苦くてちょっと辛みがあって、そこがボーノでクセになるといいます。

トーストしたパンにかけたり、生ハム焼き魚にかけるとマイルドになって苦みと辛みが劇的に中和されるそうです。

この苦みと辛みの正体はほとんどがポリフェノールだそうで、若いオリーブには熟したオリーブの1.6倍ものポリフェノールを含んでいて健康にすごくよさそうですね。

しかし、オリーブの若い実は酸化しやすくて日持ちもしないので、オリーブオイル・ヌーボーを楽しめるのはこの時期限定です。

先日見たはなまるアルバムでは、オリーブオイルソムリエの小暮剛さん秘伝のたれのレシピがふたつ紹介されていました。


ひとつめはオリーブオイル醤油ダレ。


オリーブオイル・ヌーボーと醤油を混ぜ合わせるだけで、比率はオリーブオイル・ヌーボー1に対して醤油が4です。

オリーブオイル×しょう油のレシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

刺身にかけて和風カルパッチョとか、豆腐サラダに合うそうです。

むちゃむちゃ簡単だけどこれはぜったい美味しそう!

オリーブオイル・ヌーボーがなくても、家にあるエキストラバージンオイルですぐにやってみたいですね。

ふたつめは、味噌と合わせた秘伝の味噌ダレ。


味噌は何を使ってもいいけど、味に合わせて分量を調整します。

味噌100グラムを、みりん100cc、酒100ccで溶いて、火にかけてアルコールを飛ばします。
火を止めて、オリーブオイル・ヌーボー150ccと混ぜ合わせればできあがり。

オリーブオイル×みそのレシピ|TBSテレビ:はなまるマーケット

番組HPでは100:100:100:100と書いてありますが、放送では100:100:100:150でした。


こちらは肉料理にかけてよし、温野菜サラダディップにもいいそうです。

酒のつまみにスライスハムなんか買ってきてチビチビつまんでいるヤツにかけたら
すぐにイタリアンなおつまみに変身しちゃいますね。






初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。