今年も松川に白鳥が来てくれました。 - ミナムラのまど

今年も松川に白鳥が来てくれました。

福島市泉の松川に来た白鳥たち。


松川の白鳥

白鳥の飛来地は福島市の泉地区を流れる松川です。

福島市松川町の水原川にも白鳥が飛来するそうですが、
松川町ではなくて福島市泉の松川という川です。

川寒橋(かわさむばし・かざぶばし)のすぐ上流に毎年飛来しています。

川寒橋上流の白鳥飛来地


川寒橋上流の白鳥飛来地
松川の白鳥飛来地全景

写真は川寒橋の南詰めから上流方向(西側)を見たところです。

この写真だとどれが白鳥だかわかりにくいですね。

左の堤防の上をこのまままっすぐ近づいていくと、

松川の白鳥(近くから)

いました。今日は白鳥が11羽来ています。

松川の白鳥(11羽)

今シーズンはまだ11羽ですが、増えてくるとこの狭い川面に200羽以上が集まるので
なかなか賑やかです。

仲間が飛んできて合流すると「コウコウ」鳴き交わして挨拶をするので、
鳴き声もかなり賑やかです。

通りかかった近所の人に聞いてみると3〜4日前ぐらいから来ていたようだということでした。

松川の白鳥とカルガモと猫

白鳥のほかにカルガモも来ていました。

クチバシの先が黄色いのと、たたんだ翼の先が白。
写真では見えませんが、脚がきれいなオレンジ色なのが
カルガモの目印です。

向こう岸にも来ていますが、猫は白鳥を食べません。(と、思います。)
猫と白鳥が戦ったらたぶん猫が負けるのではないかなぁ。

灰色の白鳥は、この夏にシベリアで生まれたばかりの白鳥の雛です。

元「みにくいあひるの子」ですね。

ホントは雛がもっと小さいころは真っ白で、けっしてみにくくないのですが。

渡りをするまでに親鳥と同じぐらい大きくなって、3000km〜4000kmもの長い距離
飛んできたのであります。

お疲れさまでした。


餌をくれる人がいる松川で春までのんびりしていってください。

春先、4月頃になると白鳥はまたシベリアに飛んでいきます。
(ときにはゴールデンウィークぐらいまでいることもあります。)

松川の白鳥と川寒橋

向こう側(川下側)に見えるのが川寒橋です。

この近くにあと2ヶ所、飛来する場所があるのですが、そっちにはまだ来ていませんでした。



本田美奈子/白鳥

本田美奈子/白鳥(サイン入り)Minako Honda/"Swan"(with her signature) - YouTube




関連記事:(同窓で開きます)
松川の白鳥カテゴリの記事


クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。