ブルトレ「北斗星」が廃止!?ブルートレインは消えゆくのか? - ミナムラのまど

ブルトレ「北斗星」が廃止!?ブルートレインは消えゆくのか?

あこがれの寝台特急ブルートレインに、もう乗れなくなってしまいそうです。


−つなげよう、日本− 北斗星 流し撮り
−つなげよう、日本− 北斗星 流し撮り posted by (C)東十条の王子

北海道新幹線の開業に合わせて、日本最後のブルートレイン「北斗星」が廃止される方向で検討されていることが明らかになりました。

「ブルートレイン」27年度末で全廃 「北斗星」新幹線開業で方針

 青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が、平成27年度末までに全面廃止される方向で検討されていることが6日、JR関係者への取材で分かった。現在運行する「あけぼの」(上野−青森)は来春のダイヤ改正で姿を消し、「北斗星」(上野−札幌)は北海道新幹線の27年度末の開業に合わせて同年度中に廃止される見通し。

via: 「ブルートレイン」27年度末で全廃 「北斗星」新幹線開業で方針 - MSN産経ニュース

現在運行中のブルートレインはあけぼの北斗星の2本だけです。

あけぼの(上野−青森)は、来春のダイヤ改正で廃止される見通しです。

そして北斗星(上野−札幌)は、北海道新幹線の27年度末の開業に合わせて27年度中に廃止される見通しだそうです。

今のところ「廃止される方向で検討されている」ということですが、
客車の老朽化が進んでいることや、北海道新幹線が運行する青函トンネルで開業に向けて電気工事が始まると新幹線と電圧が異なる北斗星では走行できなくなるなど、
廃止の理由を聞けば避けられない状況であるとは思います。

新幹線、航空機などとの競争で乗客が著しく減少しており、存続が難しくなったことも理由のひとつだそうですが、
単なる移動手段だけではない列車の旅の魅力が、ブルートレインの最大の強みだったのではないでしょうか。


寝台特急「北斗星」に山口もえさんと乗車 - YouTube

北海道新幹線に電圧が合わないとか客車の老朽化などの理由ならば、
電圧が合うような新しい機関車を開発し、
これまでよりさらに魅力的な客車を造るなどの前向きな対応策で、

あこがれの寝台特急「北斗星」を存続させて鉄道旅行の魅力を保ち続けることが

JRが生き残るための重要な作戦なのではないかと、僕は思うのであります。




外部リンク:
「ブルートレイン」27年度末で全廃 「北斗星」新幹線開業で方針 - MSN産経ニュース


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。