バッター長嶋茂雄、ピッチャー松井秀喜という夢の始球式【動画】 - ミナムラのまど

バッター長嶋茂雄、ピッチャー松井秀喜という夢の始球式【動画】

「我が巨人軍は永久に不滅です!」


野球は人生そのものだ

バッターが長嶋茂雄氏、ピッチャーが松井秀喜氏という夢の始球式
本日(2013年5月5日)東京ドームで巨人−広島戦の始球式が行われました。

長嶋茂雄始球式


国民栄誉賞・始球式 ピッチャー・松井、打者・長嶋、審判・安部総理、捕手・原監督 巨人 vs 広島 - YouTube


「バッター、4番、サード長嶋茂雄、背番号、3。
ピッチャー、松井秀喜、背番号、55。」


この場内アナウンスのなんと豪華なことか、
長嶋茂雄氏は2004年に脳梗塞で倒れて以来、初めての球場での勇姿です。

松井秀喜氏は長嶋監督時代に育てられて以来11年ぶりの巨人軍です。

松井秀喜氏の巨人軍時代の背番号55番にちなんで5月5日に国民栄誉賞の表彰式が行われたのでした。

長嶋茂雄・松井秀喜氏に国民栄誉賞

長嶋氏と松井氏の国民栄誉賞の表彰式は、松井氏の現役時代の背番号「55」にちなんで5月5日に引退セレモニーが開かれるのに合わせて行われました。
表彰式は、満員のファンが見守る中行われ、安倍総理大臣から2人に表彰状や記念品の金のバットが授与されました。
このあと、長嶋氏は「国民栄誉賞を頂きまして本当にありがとうございます。ファンの皆様、本当にありがとうございます」とあいさつしました。
長嶋氏が球場のファンの前で話すのは平成16年に脳梗塞で倒れて以降、初めてです。

via: 長嶋茂雄・松井秀喜氏に国民栄誉賞 NHKニュース

長嶋茂雄氏は右手をずっとポケットに入れたままでしたね。

おそらく脳梗塞の後遺症で右手がまだ上手く動かせないのだと思います。


王貞治氏衣笠祥雄氏が花束贈呈を行っていました。

王貞治氏は国民栄誉賞受賞の第1号で、世界初の756本塁打を讃えて、衣笠祥雄氏は世界初の2215試合連続出場を讃えて、共に現役中に国民栄誉賞を授与されています。


長嶋茂雄氏がまだ国民栄誉賞を受けていなかったのが不思議なくらいです。


ミスタージャイアンツ ミスタープロ野球 とまで呼ばれ、野球が現在国民的スポーツになっているのは、長嶋茂雄氏の功績が非常に大きいと思います。

今回の国民栄誉賞の受賞、おめでとうございます。




初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。