宇宙ステーションの大問題は体臭対策だった。 - ミナムラのまど

宇宙ステーションの大問題は体臭対策だった。

JAXSAの宇宙技術で生まれた消臭下着。


Devin is sniffing Dopey's armpit. - 無料写真検索fotoq
fotoq.net
 photo by Pretty Poo Eater

宇宙飛行士 古川聡さんが宙用超高感度ハイビジョンカメラを使って地球を撮影したNHKの科学番組「宇宙の渚」はすばらしかったです。

NHKだけではなく、宇宙ステーションをテレビ番組の舞台に使うなどの商業利用はこれから宇宙開発の重要なビジネスになっていくことでしょう。

ビジネスステージになる宇宙ステーションにとっての大問題は、意外にも乗組員の体臭の問題だったそうです。

加齢臭と闘う宇宙技術?

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の産業連携事例集によると、宇宙飛行士が地球に帰還した時、「宇宙船のハッチをあけるととても臭う」ということを東レの担当者が聞きつけたことが商品化のきっかけだといいます。国際宇宙ステーション(ISS)などの宇宙空間では入浴や洗濯ができません。東レはナノテクノロジー技術を使い繊維に特殊加工を施し、消臭効果のある素材「ムッシュオン」を開発、シャツ製造大手のフレックスジャパンがワイシャツに仕上げました。

 スポーツウエアなどを手がけるゴールドウインも、加齢臭を82%、汗のにおいを92%減らす素材を使った「宇宙下着」を一般向けに開発しました。

via: 加齢臭と闘う宇宙技術?:日本経済新聞

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は独立行政法人ですが、宇宙技術を応用した製品を民間企業と共同開発する制度を利用してゴールドウィンと共同開発したのが、消臭効果をもったマキシフレッシュという布地をつかったMXPブランドの「宇宙下着」です。

宇宙飛行士にはなれなくても、加齢臭が心配なオヤジにとってありがたい宇宙下着です。




さらに枕につく加齢臭も防止してくれるMXP枕カバーも開発されています。







初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。