ニューヨーク市のLサイズ飲料禁止が無効になりました。 - ミナムラのまど

ニューヨーク市のLサイズ飲料禁止が無効になりました。

ニューヨーク市が禁止にするほど肥満問題がヤバイようです。


Big Gulps - 無料写真検索fotoq
fotoq.net
 photo by mercurialn

巨大ハンバーガーを大量の甘いドリンクで流し込むのがニューヨーク流なのでしょうが、
ニューヨーク市が肥満防止策のために出していたソフトドリンクのLサイズカップは禁止という政策は無効であるという判断を州の裁判所が下しました。

NY市のLサイズ飲料禁止措置、導入直前に州裁が無効判断

米ニューヨーク州地裁は11日、ニューヨーク市が肥満防止策として12日から導入する予定だったラージ(L)サイズの甘味飲料の販売禁止措置を無効とする判断を下した。

この措置をめぐっては、飲料業界やレストラン、映画館経営者などが、消費者の自由を侵害し違法だとして、提訴していた。

規制の内容は、ドリンクのカップサイズ上限を約470ミリリットルに定め、違反した場合は200ドル(約1万9000円)の罰金を科すというもの。市当局は規制後も6月までは違反への罰金は科さない方針を示していた。

via: NY市のLサイズ飲料禁止措置、導入直前に州裁が無効判断 | Reuters

約470ミリリットルというとスタバのグランデぐらいの大きさですね。

スターバックスのカップサイズ

スターバックスのカップサイズ左からショート(約240ml)、トール(約350ml)、グランデ(約470ml)、ベンティ(約590ml)です。

米国のファーストフード店にはダブルビッグガルプ(Double Big Gulp:約1900ml)というカップサイズがあるそうです。

Gulpというのは米語で「ごくごく飲む」という意味です。

2リットル近くあったらごくごくじゃなくて途中で休憩してしまいますね。

ワイルドだろぉ〜?カップだからキャップはついていないぜぇ〜ぃ。



スマートボーイってなに?

みひろが教える!! オカモトコンドーム『サイズ編!』 - YouTube


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント
個人的には、この紙カップの飲料には迷惑を被っています。

自販機の缶回収箱の入り口にコレを突っ込まれると、蓋をしたような感じになって回収箱が使えなくなり、その後は缶が周囲に散乱・・・

それにしても・・・2Lの紙コップだと、持ち運びが大変そうです(^o^;
Posted by 桃太郎@東大阪 at 2013年03月12日
≫桃太郎@東大阪さん★
なるほどそうですね。あそこにこれを入れたら完全にフタをされてしまいそうです。
2リットルの重量には気がつきませんでした。お店でほとんど飲んでしまうということなんでしょうか。
すげーファットですね。
Posted by 水村亜里 at 2013年03月13日
ルブタン 靴 メンズ
Posted by christian loubtin at 2013年07月20日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。