きらクラDON!第37回の回答。【ネタバレ追記】 - ミナムラのまど

きらクラDON!第37回の回答。【ネタバレ追記】

2013年2月24日放送NHK-FMきらクラ!第37回きらクラDON!の回答。


中華食器の定番・三色雷門付きラーメン丼!三色門雷門切立6.3寸丼・19.7cm・美濃焼イリーナ・メジューエワショパン:ノクターン集(21曲)
ふかわりょう
            きらクラ!の番組HPはこちらです⇒ きらクラ!|NHK

産休中の遠藤真理さんの代奏で、今日はロシア人のピアニスト イリーナ・メジューエワさんがゲストMCでした。

1992年にロッテルダムで開催されたエドゥアルト・フリプセ国際ピアノ・コンクールで優勝されていますが、それ以後日本を拠点に活動されています。


紫陽花コンサート2011 ショパン ノクターン イリーナ・メジューエワ - YouTube

神奈川県の杜のホールはしもとの2階席からデジタル一眼レフカメラの内蔵マイクによる録画です。

引きの画像で音質もあまり良くはありませんが、ショパンノクターン第20番「遺作」の演奏はやはりすばらしいです。

ショパン:ノクターン集(21曲)




先週、第36回きらクラDON!の正解は・・・


パガニーニ作曲、24のカプリースより、24番でした。

しぇ〜か〜ぃ!!

今日のサンプル動画は、鏡音レンさん初音ミクさん巡音ルカさんの演奏でどうぞ。


Rin Miku & Luka パガニーニ 24の奇想曲 24番 "24 Capricci No24"(Paganini) - YouTube

ありゃりゃ!?

変奏部分ってこんなでしたっけ?

イツァーク・パールマンの名演奏と比べてみると、けっこう真面目にコピーしてありますね。

初音ミクさんや巡音ルカさんが鏡音レンさんにハモっているところもいいです。


Nicolo Paganini Caprice No. 24 - YouTube



今週、第37回きらクラDON!の回答。ネタバレなしよ。


今回の問題は、高弦のトレモロが聞こえたあと、低弦でジャンジャン!まででした。

う〜ん。なんとなくシベリウスっぽい気もするのですが、続きのメロディーが思い浮かびません。
結局3音しかないので、メロディーで曲名が検索できるサイトでも検索できないし。

今回はギブアップです。すみません。


追記: コメントでヒントをいただきました。(ネタバレ注意。)


この記事のコメントにたくさんの方からヒントをいただきました。

なるほど〜。


聴いてみたら、それが正解だと思いますので、いきなりネタバレしてしまいます。

追追記:もう一度スッキ〜♪さんから修正のご意見をいただいて変更しました。

この曲ですよね。




最終楽章だと思っていたのですがこっちですね。

曲名は、⇒ 「ベルリオーズ作曲、幻想交響曲より第2楽章」です。

imomushiさんブラトトロさんスッキ〜♪さん、ありがとうございました。


(2012/11/09) メロディーから曲名を検索できるサイト Musipedia

きらクラ!の関連記事⇒ きらクラ!カテゴリの記事一覧
前回記事:(同窓で開きます)
(2013/2/17) きらクラDON!第36回の回答。ネタバレ注意。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント
スッキーさんの先週の記事を見れば何かわかるかも・・・
Posted by imomushi at 2013年02月24日
ご無沙汰しています。
お具合はいかがですか?

今回はベルリ・・かなと思いましたが。
明日また聞いてみます。
Posted by ブラトトロ at 2013年02月24日
おはようございます。

私自身、「どっかで聴いた事ある様な気がするけど…」と思い、一か八か、それとおぼしき音源をイントロだけ、楽章ごとに聴いてみました。

「ローマのなんちゃら」でもお馴染みの、あの作曲家の、妄想によって作られた、これまたお馴染みの曲です。
(Rさんじゃぁありません。)

「パリ管のお家芸」とでも言ったら良いでしょうか。
ジャケのイメージですと、私も「再発されたら欲しいなぁ…」と思っている、アバドの音源が、昔はお馴染みだったと思っています。
Posted by スッキ〜♪ at 2013年02月25日
≫imomushiさん★
スッキ〜♪さんの先週の記事ですか?
・・・う〜ん。・・・
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日
<補足>
あぁ、そう言えば、この作曲家も、私の記憶が確かならば、「私はだぁ〜れ?」に出ましたねぇ。
笑瓶師匠にも、「ある事無い事」、妄想たっぷりで言われていましたわ。
私自身も、この曲、本来のタイトルよりは、「妄想…」として記憶しています。
それ位、この作曲家も「妄想家」なんだと思っています。wwww
Posted by スッキ〜♪ at 2013年02月25日
≫ブラトトロさん★
ベルちゃんですか。
探してみます。
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日
≫スッキ〜♪さん★
よくぞお見つけになりましたね。
ヒントをありがとうございます。
Rさんじゃない「ローマのなんちゃら」でもお馴染みの、あの作曲家の、妄想によって作られた「ローマのなんちゃら」でもお馴染みの、あの作曲家の、妄想によって作られた・・・
「パリ管のお家芸」ですか。
あの最終楽章のイントロの「ジャラララジャン、ジャ〜ン」の前に音があったとは気がつきませんでした。
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日
≫スッキ〜♪さん★
はい。妄想家でしたね。
たしか、女優さんに振られてやけになった主人公が、ヤクでラリっている様子だったような。
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日
こんにちは♪

あ、「5楽章」まで行っちゃいましたか…。
(惜しいなぁ…。)
むしろ、私は「2楽章」だと思いましたが…。
良ぉ〜く聴き比べてみて下さい。

「5楽章」、私も、あのハチャトゥリヤン、じゃなくて、ハチャメチャな所が結構好きです。
特に、「鐘」と「オフィクレイド(チューバで代用する場合もあります。)」が登場する辺りが何とも言えませんわ。wwww
Posted by スッキ〜♪ at 2013年02月25日
今度は私の勝ちでしたね!(まだ「でした」は早いか)
スッキーさんのおっしゃる通り、G交響曲の第2楽章です。
確かに第5楽章もトレモロですが、少し長すぎますし、入ってくる低弦の音も違います。

この曲、昔はベートーベンの交響曲なんかに比べて構造もしっかりしていない印象であまり好きな曲ではありませんでしたが、とてもイマジネーションに満ちていて、最近は魅力を感じるようになってきました。
Posted by ブラトトロ at 2013年02月25日
≫スッキ〜♪さん★
良ぉ〜く聴き比べてみました。
番組録音も。
確かに2楽章ですね。
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日
≫ブラトトロさん★
まいりました。降参です。
おっしゃるとおりですね。
だんだん絶望のあまりかラリった影響か
ハチャメチャになってきますが、
特に2楽章は女優さんのテーマの素敵なワルツですね。
Posted by 水村亜里 at 2013年02月25日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。