市川團十郎さんが死去。家の芸の勧進帳を動画で見たい。 - ミナムラのまど

市川團十郎さんが死去。家の芸の勧進帳を動画で見たい。

勧進帳の動画を見て市川團十郎さんを偲びたい。


市川團十郎さん死去(号外)
MSN産経ニュース(号外)より


歌舞伎界を代表する名門市川團十郎家の当主で歌舞伎俳優の市川團十郎さんが、昨夜(2月3日)夜、東京の病院で肺炎のため66という若さでお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りします。

MSN産経ニュース.gif

歌舞伎俳優、十二代目市川團十郎さん死去

 團十郎さんは昨年12月、京都・南座での「吉例顔見世興行」出演中、風邪による体調不良で休演。「肺炎の兆候がみられる」との診断を発表して療養に専念し、4月の歌舞伎座開場公演に備えていた。平成16年には急性前骨髄球性白血病が判明し、一時復帰するも17年に再発。20年には妹の市川紅梅さんから骨髄移植を受けるなどして克服し、舞台に立ち続けていた。

via: 歌舞伎俳優、十二代目市川團十郎さん死去+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

先日の中村勘三郎さん
に続いて歌舞伎界二人目の死去。

とても残念です。

團十郎復活


市川團十郎さんが闘っていらっしゃった白血病の闘病記がご自身の筆によって綴られています。
(抗ガン剤治療のためにスキンヘッドになってしまったのに晒していたお姿が実にカッコよかったです。)


歌舞伎の名門にはそれぞれ先祖代々受け継いできた「家の芸」があって、市川團十郎家の場合は「荒事」であり演目でいえば「勧進帳(かんじんちょう)」でした。

勧進帳という演目は、源頼朝に追われた義経が平泉に逃げようと北陸を通ったとき、石川県小松市にあった、安宅の関(あたかのせき)という関所で関守の富樫(とがし)氏の問いつめに対してお供の武蔵坊弁慶が「東大寺再建のための勧進(寄付)を集めるために関所を通りたい。」といううそに対して富樫が「それならば東大寺発行の勧進帳があるはず。勧進帳を読んだら本当の勧進として認めてやろう。」というテストを行い、
弁慶はたまたま持っていた白紙の巻物を見ながらあたかもホンモノの勧進帳を読み上げているかのように演技して関所を通過したというエピソードです。

実は富樫はニセモノであるとわかっていながらも武士の情けで関所を通したのだという話もあります。

市川團十郎さんが十二代團十郎を襲名したときの芝居です。


十二代市川團十郎襲名の勧進帳 - YouTube

歌舞伎ではとっても人気がある代表的な演目です。

市川團十郎さんの話も収録されているのでぜひ最後までご覧ください。

DVDに収録されているのは襲名披露のときの芝居ではありません。
歌舞伎名作撰 勧進帳 [DVD]


クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。