デスク周りと家庭用に最適なドライバー(ねじ回し)セット。ベストバランスで超使いやすいのはこれ! - ミナムラのまど

デスク周りと家庭用に最適なドライバー(ねじ回し)セット。ベストバランスで超使いやすいのはこれ!

ベッセル No.1850とギスケDR-200というベストチョイス。


ギスケドライバーセット8本組
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 ギスケドライバーセット8本組 DR-200 コピーライトマーク水村亜里(M Inamura)


われわれの身の回りには「ネジ」という部品がたくさん使われていて、
自動車整備や機械組み立てのプロでなくても意外にドライバーを使う機会は多いものです。

機械エンジニアと電気工事の元プロであるミナムラが使ってきた工具のうち、
ホワイトカラーのデスク周り一般の家庭用でも使えるドライバー関係の工具の中で
使いやすいのはこれ!
と思うおすすめをご紹介したいと思います。


ドライバーという工具にとって大切なこと


ドライバーはネジ(ビス)を締めたりゆるめたりするための工具です。

ドライバーの使い方を間違うとネジ溝(ネジの頭についているネジを回すための溝)を壊してしまってネジを締めることも緩めることもできなくなってしまいます。

この状態をネジをナメるといって、致命的な状態です。

ネジをナメないようにするためには、ネジのサイズに合ったドライバーを使うことが一にも二にも大切です。


デスク周りで使いやすいドライバー


本格的な組み立て分解作業でなくても、
デスク周りでちょっとドライバーが必要という場面は意外に多いものです。

たとえば、パソコンの増設スロットや筐体のネジを回す。などなど。

VESSEL4本組差替ドライバーNo.1850

VESSEL4本組差替ドライバーNo.1850

これは、僕がデスク周りで便利に使っている国産ベッセル製のドライバーです。

ちょっとした作業に使うには、このNo.1850が今まで使ったことがあるドライバーの中で最高に使いやすいと思っています。

全体の長さやハンドルの太さなど、バランスがちょうどいいのです。

小さいプラスチック製のケースに収められているので、大きめのペンケースに放り込んであります。

VCESSEL1850とケース

セットになっているドライバーのサイズは、
・プラスがNo.2とNo.1。
・マイナスが5mmと3mm。

VCESSEL1850のセット内容

プラスのNo.2は、ごく一般的なサイズのプラスネジ用で、これが出動回数が多いです。


プラスのNo.1は、No.2よりもワンサイズ小さいネジ用。

僕が愛用している歩数計の電池室のフタを開けるのもNo.1のネジです。

TANITA歩数計FB-720

TANITA歩数計FB-720電池室のネジ


マイナスドライバーはねじ回しとしてはあまり使わなくなりましたが、
こじる引っ掻く缶のフタを開けるなどの作業には欠かせません。


ということで、ベッセルのNo.1850は、セット内容もちょうどいいバランスで、僕はとても重宝しています。

この型番(No.1805)は残念ながら今では販売終了しているようです。

これほど使いやすいタイプはほかにないので、ぜひ復活させていただきたいものです。

ベッセルの現行モデルでは↓ペアライン差換ドライバーNo.2100がだいたい似ているようではあります。


ただし、No.2100は、
ケースがビニール袋。
差し込み部分がねじ込みチャックで締め付ける方式でない。

などの点で、No.1850にはおよびません。

やはりNo.1850を復活させて欲しいです。


家庭用に1セットそろえておくならこれ。


ギスケドライバーセット8本組 DR-200
ギスケドライバーセット8本組


ギスケ」ブランドで知られている工具の専門メーカー高儀の製品です。

鋼材には焼入した炭素工具鋼が使われていて非常に丈夫です。

精度がとても高いというほどではありませんが、家庭で使うには十分な精度に仕上がっています。

セット内容は、
・プラスドライバー:No.0、No.1、No.2、No.3。
・マイナスドライバー:1.8mm、4.7mm、6mm。
・丸ギリ。



プラスドライバーのNo.0は、No.1よりも小さいネジで、
「精密ドライバー」として売られているサイズのドライバーです。

僕の手持ちでは、電卓の電池室や、めがねのネジなどがこのサイズです。

1.8mmのマイナスドライバーと併せて、僕のめがねのほとんどのネジを回すことができました。


プラスのNo.3は、一般的なNo.2より大きいサイズのネジ。

デスク用椅子に使われているネジがこのサイズでした。

ギスケDR-200のプラスドライバー No.3

ギスケDR-200のプラスドライバー No.3


No.3のネジは回すのに力が必要なことが多いので、DR-200にセットされているハンドルを組み合わせると力をかけやすくなります。

ハンドルでも力が足りないときは、ハンドルを横向きに組み合わせてT型ハンドルにすることもできます。


ギスケDR-200ドライバーにT型ハンドルをセット


丸ギリ(千枚通し)もよく使う工具です。

事務用の千枚通しよりも頑丈にできているので、僕はスプレー缶に穴をあけてガスを抜くときなどによく使っています。

缶に穴をあけるときは安全に作業するためのコツが必要です。
慣れない人がやろうとすると、缶を支えている手に穴をあける。缶を置いている台に穴をあける。などのことになりかねません。


また、ハンドルのお尻についているフック回し(ヒートン回し)も、涙が出るほどありがたいツールです。

ヒートンというのは、?型、またはL型の金具の先に木ネジがついているフック金具のことです。(洋灯とか洋折と呼ばれている金具の総称。)


ヒートン(洋灯と洋折)


?型やL型の部分を持って、木ネジをねじ込むので、固い木材に取り付けようとするとかなり指が痛いです。

ヒートンをふたつ連続でねじ込むのはちょっと不可能に近い。

今まではしょうがなく、ペンチやプライヤーで回していました。
(なので上の洋灯の写真にはペンチではさんだ傷がついています。)


DR-200のハンドルのお尻のところの溝はヒートンをはめ込んで回せるようになっています。


ギスケDR-200のヒートン回し


アパートの引っ越しで取り付けてあったヒートンを撤去するときなど、どれだけ助かったことか。


こんな感じで、ギスケDR-200は、家庭で使うようなねじ回し作業に多様に対応できるセット内容になっています。

ほかにもこのような8本組ドライバーセットはあって、今まで何種類か使ってきていますが、ギスケDR-200のようにあらゆる作業にちょうどいいバランスの取れたセットはほかにありませんでした。





初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ Vol.146.RSSってなんなの?(RSSフィードを見てみる)(← ミナムラの別ブログ)

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。