雨水中放射性物質の除去が可能なポット型浄水器 - ミナムラのまど

雨水中放射性物質の除去が可能なポット型浄水器

断水時の飲料水確保にも大活躍しました。


活性炭を使った市販のポット型の浄水器で水に含まれる放射性物質の除去が可能だという中間報告を、日本放射線安全管理学会が公表しました。

日本放射線安全管理学会臨時ページ



福島市では地震発生の翌日から上水道が断水し、我が家では1週間以上水が出ませんでした。

その間飲料水は、近所の地下水をいただいて、しのぐことができました。


飲用のための水質検査はしていなかったらしく、「飲むときは煮沸をして」という貼り紙がしてありました。

そのまま飲んで飲めないことはないのでしょうが、ちょっとほこりくさいような味。

以前から愛用していたブリタのポット型浄水器を通すと、味も良くなり、安心して飲むことができました。

蛇口取り付け型の浄水器はお米をとぐ水にも使えて便利ですが、こういう使いかたはポット型でないとできないことです。


日本放射線安全管理学の実験で使われていたのは、
ブリタのナヴェリアでしたが我が家のはクラシックタイプでずんぐりした形。

ブリタ浄水器.gif


ナヴェリアならば冷蔵庫に入れる冷水ポットとしてふだんの生活に無理なく取り入れられたでしょう。

BRITA (ブリタ) ポット型浄水器 ナヴェリア (1.3リットル)


あんな地震は、もう起きて欲しくありませんが、
日本に住んでいる限り、また起きる可能性が非常に大きいです。

というよりも、あれほどの規模ではないとしても地震は確実にまた起こります。

今回の震災を体験して、ふだんの生活を地震が起きても対応できるようなスタイルにしておくことが大切だと痛感したのであります。





初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ Vol.146.RSSってなんなの?(RSSフィードを見てみる)(← ミナムラの別ブログ)
  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると、非常にありがたいです。




この記事へのコメント
以前、エステサロンで設備管理の仕事をしていた時、スチームの水をブリタで作っていました。
本当は純水を使わないといけないのですが、ブリタで作っても不純物が殆ど無くなるのと、コスト面でも安かったのが採用理由です。

これなら、放射能物質を軽減させることも可能だと思います。
Posted by 桃太郎@東大阪 at 2011年04月30日
≫桃太郎@東大阪さん
へ〜!そんなに不純物が少なくなるんですか!?
びっくりです。
貴重な情報ありがとうございます。

純水のように不味くはなりませんので、完全除去ではないのかもしれませんね。

逆に人間の舌が高性能なのでしょうか。

もしかして普通の不純物だったら、味覚検査で十分ってことかもしれません。
しかし放射性ヨウ素とか放射性セシウムってどんな味がするんでしょうね (笑)
Posted by 水村亜里 at 2011年04月30日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。