ワンセグでも受信料が必要!?⇒NHK受信料拒否の理論 - ミナムラのまど

ワンセグでも受信料が必要!?⇒NHK受信料拒否の理論

テレビを持っていなくてもNHKの受信料を払わなくてはならないってご存知でした?

NHK受信契約ステッカー.jpg NHK訪問禁止.jpg

こんなニュースがありました。

ワンセグ搭載機器にも支払いが義務付けられるNHKの受信料。その根拠は? - 週プレNEWS

パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か|NHKよくある質問集

必要がなくてテレビを持っていない単身赴任者や学生さんでもワンセグ放送が受信できる携帯電話を持っていれば受信料を払わなくてはならないのだそうです。

今どきのケータイにはほとんどワンセグが付いています。

ワンセグ携帯.jpg

列車で移動中にどうしても見たい生中継があるようなときしか使用しませんが。
大抵は留守録してあとで見ますよね。

放送法第32条で「NHKが受信できる受信設備」を持っていれば受信料を払わなければいけないと決まっているのが根拠だそうです。

ワンセグケータイも地デジパソコンも「持っているだけで」払わなくてはならない。

いまいち納得できません。

NHK受信料を拒否して四〇年―貧困なる精神U集

テレビの普及に日本中が夢中になっていた古い時代の法律なのでしょうか。

監獄法なんて2007年に廃止されるまで明治時代の法律をそのまま使っていたし、そういう古い法律ってあるんですよ。

7年間もブログでNHK受信料問題を展開されている方がいらっしゃいました。

現在の問題点や、受信料拒否の理論なども書かれています。

NHK受信料問題解決の最前線

こんなニュースもありました。

NHK、27人に強制執行を通告 受信料不払いで - 47NEWS


NHK受信料問題の古典と言えるのがこれ

本多勝一/NHK受信料拒否の理論.jpg

本多勝一:著 NHK受信料拒否の理論(写真は水村の蔵書1977年初版)



この本の執筆時、本多勝一氏は朝日新聞の現役記者。

まだアマゾンで古書が手に入るようです。

1977年の出版ですが、本多勝一氏の受信料拒否体験を含めて、綿密な取材に基づいて論理展開されていてまだまだ古びてはいません。

NHKというものについて、一度考えてみてはいかがでしょう?

みない 払わない NHK

NHK解約マニュアル「さよならNHK」


関連記事:(同窓で開きます)
(4/18)村上春樹の1Q84 BOOK3はどこで買える?
(09/12/20)伊丹十三の命日(女たちよ!)
(09/12/16)山本直純誕生日(岩城宏之/森のうた)
(09/12/10)中原みすず/初恋


クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     グーグルリーダーに登録 Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。




この記事へのコメント
水村亜里さま、失礼いたします。興味深く読ませていただいております。こちらのサイトにもご訪問ください。ダイエット報や資料請求サイトをご紹介しています。http://ranking-up.p-kit.com/
Posted by Rと申します。 at 2010年05月28日
NHKって、海外でも受信料取るんですよー。
あたりまえですが。
その価格、半端ないです。他の局と比べたらの話ですけど。
で、スポーツニュースなんかは、海外では静止画なんです。
卓球の写真が映ってて、『サー!』とか声だけw
日本、追い上げました!とか言われても・・、超微妙ですよ!
なのに、日本より受信料高いらしいです。
ウチは契約してないので、金額知らないですけどね!
ちなみにシンガポは、テレビ代金、見てなくても、
家にあるテレビの線対して払うらしくて、
年間15000円ほど持って行かれます。
ウチ、ローカルテレビ見てないのに!怒
払わないと恐ろしい事になるそうです・・
Posted by たらこ at 2010年05月28日
≫たらこさん☆
それはひどいですね。
海外で受信料取るのは、あたりまえだとは思えません。
根拠は日本の放送法だけなんですから、シンガポで日本の法律に従わなければならない理由がわかりません。
利益享受の対価を支払うという納得のしかたもありますが、
それだったら、いらない人は払わなくていい理屈になります。
本来、電波は誰がどの電波を傍受しようと自由なはずなので、契約させる根拠は放送法しかありません。
海外でなら受信契約しなくても訴えることはできないでしょうから、
契約しなくて正解じゃないでしょうか。
契約すれば、約定を守る義務が発生してしまいますから。
もちろん、居住国の法律には従わなくちゃならないですよね。
Posted by 水村亜里 at 2010年05月29日
同じNHKでも、ラジオは無料ですね。

結構、NHK第一放送はニュースで聞いています。

(^。^;) 今後はTVそのものがネットに弾き出されて不要になるかも?
Posted by 桃太郎@東大阪 at 2010年05月29日
≫桃太郎@東大阪さん☆
一日中、NHK-FMをかけっぱなしにしていますw
テレビ番組の価値は認めているので、NHKにも頑張っていただきたいです。
クオリティーの高い番組を作る能力は、今のところテレビ局にしかないので、
テレビの存在意義はありそうな気がします。
ネットで見られる動画もテレビ番組のぱくりが多いですからね。
Posted by 水村亜里 at 2010年05月29日
 色々な要素が重なって、十年間も無駄な地上波の受信料を払っていました。私は自分の家の受信料だと思っていましたが自宅では妻が自分の通帳でBS、の受信料を払っていて、私のは11年前に高校3年生の娘が1人暮らしをするときに契約した(通帳の引き落としを了承した書類の送付)のを解除を忘れていたものです。その後娘も自分で契約し、5年前に結婚で解約しましたが、その間私の通帳からずっと引き落とされていました。娘が契約してからは2重取りですが、大阪の和泉営業所では返金するやの、原則返金できないやのはっきりした返答がありません。返金はマニュアルにないようで人によって対応が異なります。むちゃくちゃ腹が立ちます。
Posted by 山中 亨 at 2011年01月23日
≫山中 亨さん☆
契約を取るときはしつこいくらいなのに、
いざ返金となると煮え切らないとはひどいですね。
営業所レベルでは回答する権限がないのかもしれないですね。
地方局に直接相談したらどうでしょう?
「NHK受信料 不当利得返還請求」で検索したら、
いろいろな情報が見つかりました。
Posted by 水村亜里 at 2011年01月23日

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。