流氷初日 - ミナムラのまど

流氷初日

網走地方気象台は22日、北海道網走市沖のオホーツク海で、流氷を陸上から初めて肉眼で確認できる「流氷初日」を観測したと発表した。

北海道流氷.jpg
網走沖の流氷
<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』作者:NipponiaNippon>

網走で「流氷初日」平年より2日遅く(イザ!)

流氷初日とは、沿岸から流氷が確認できたそのシーズンの最初の日

遊楽倶楽部さんの流氷日記

○流氷
流氷は海水が凍ってできた海氷と川の水が凍ってできた河川氷や氷山も含む海上を流れ漂っているすべての氷の総称。〈気象庁のホームページ

オホーツク海の流氷はアムール川から流れ込んで塩分が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものと言われていて、海水が凍ったものではありません。

流氷というと、冷たく孤独な北の海をイメージしてしまいますが、意外にも豊かな生命を育む貴重な資源なのです。

流氷に付着した植物性プランクトンは春になると一気に増殖して豊富な漁場をもたらします。北海道のタラは流氷の賜物。

アザラシオジロワシキタキツネなど、みんな流氷と一緒にやってきます。
流氷の天使クリオネももちろん一緒です。

クリオネ.jpg




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。