グローリア・ミサ/プッチーニ - ミナムラのまど

グローリア・ミサ/プッチーニ

プッチーニのミサ・ディ・グローリア1月1日に取り上げたのですが、ウォーキング中に聞いていたNHK-FMの「気ままにクラシック」で放送されてグッと来たので、また取り上げてしまいます。

この曲、本当に好きなんです。

グローリア・ミサが取り上げられたのはキアーロ・コーナー

キアーロ(chiaro)というのはイタリア語で「すっきり」という意味。
「リスナーが長年疑問に思っていたこと、探して欲しい曲などにお答えして、すっきりするコーナー」だそうです。

今日の依頼は、神奈川県のまんじゅうねこさんからの投書。

20年ほど前の中学生の頃、大晦日の夜NHK-FMでは毎年ベートーヴェンの第九のライヴ放送があり、演奏が終わるとともに新年があけるというめでたい番組があった。その第九の前か後にグローリアミサ曲というハッピーになれる曲がかかっていた。未だに作曲家名がわからず巡り会えないのだが、わかったら聞かせて欲しい。その曲の盛り上がるところは「ミドラファ、ソラソラミレド、ソラソファミソドシラドレドラソ。」というメロディーだった。という投書でありました。

絶対音感な幸田浩子さんがいるのだから楽勝でわかるかと思われましたが、ミドラファと言ってもオクターブの違いによっていろいろなパターンがあるのである。

ネットでコミュニケーションしていてよく思うことなのであるが、音楽のちょっとしたフレーズを簡単に伝える方法というのはないものだろうか。
電話で話していれば簡単に伝えられることなのに・・・

グロリア・ミサといえば、ヴィヴァルディー、ドニゼッティー、ロッシーニ、プッチーニなどがある。
この時点で僕の頭の中ではヴィヴァルディーのグローリアが鳴っていたが、大好きなプッチーニだといいなと思っていたのでした。

結局番組スタッフが全部のグロリア・ミサを聞いて、きっとこれだろうと探し当てたのがこの曲でした。

プッチーニ/ミサ・ディ・グローリアよりグローリア

プッチーニ 「ミサ・ディ・グローリア」 埼玉第九 PUCCINI 「Messa di Gloria」 - YouTube

やた!プッチーニだ!というわけで、感動いたしましたですよ。

元旦の動画はキリエ、エト・インカルナトゥス、アニュス・デイ、だったのでかぶってはいないからまた貼ってしまいました。

今朝の信夫山(1/22)

朝の信夫山122-0122
くもり。室温14.5℃。外気温1℃。
風花が少し舞っています。

昨日の信夫山(1/21)

朝の信夫山121-0806
晴れ。室温14.5℃。外気温4℃。


⇒ 関連タグ:タグ:きまクラ
⇒ 関連タグ:きらクラ


関連記事:(同窓で開きます)
(2013/5/9) 隠れた名曲!プッチーニのグローリア・ミサ。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越しいただいているみなさま。
もしブログの内容を気に入っていただけましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。
     Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 
 ツイッターでも、更新案内を流しています。

RSSリーダーとは?⇒ RSSってなんなの?

  リンク切れ、動画削除などを発見されましたら、コメントで教えていただけると非常にありがたいです。
記事末尾104posted by +M Inamura (水村亜里) メール aminamura@gmail.com




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


ブログでつながり隊のバナー(横長)

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。